So-net無料ブログ作成

Past (過去)

Kはここで仕事を始めるにあたって、決めた事がある。

1、来客があるので、服装はスーツにする。

2、電話応対の邪魔になるので、イヤリングはしない。

3、Jは日本語が話せないので、必要な事は通訳してあげる。

4、公私混同は、しない。

Kは仕事志向の人間だ。

仕事は仕事と、割り切るタイプ。

今まで必要と思われる資格は、自分のお金と時間を使って取ってきた。



TADA課長に連れられて、役場へ挨拶に行く。

この町の教育委員会は、役場とは別の建物の公民館に入っている。

役場へ行く道すがら、TADA課長は”Jは日本語がわからないから、大変だった。身振り手振りでなんとかや

ってきた。”と言った。

役場に着いて、各課に挨拶に行く。

総務課のENDOさんが、”一般の保険掛けておきましたから。”という。

<えっ! 6カ月じゃないの?>



TADA課長と一緒に事務所に戻る。

Kは、民間で仕事をしてきた。

役所とは不思議なところで、”こうしなさい。”とは言わない。

におわすだけらしい。

Kは、デスクの引き出しをあけてみる。

簡単な引き継ぎ書と、毎月必要になる伝票が何ヶ月分も記入して準備してある。

<急に辞めたのだろうか?>

前任者は公務員だったらしい。

<公務員になるという事は、一生辞めたくないからなるのだろうに・・・>

Kの向かいのデスクには、口数の少ないTAKAHASHIさん。

”何ヶ月も事務の人いなかったんだ。”と言う。

彼が事務処理も兼務していたらしい。

彼の隣には、Jの上司になるSHINOMIYA係長がいる。

SHINOMIYA係長が、”教育委員会は要注意なんだよねー。”とニコニコしながら、Kに向かって言う。

<どういう意味だろう>

役所は予算に合わせて経費を使うことになる。

来年度の予算をそろそろ作る時期らしい。

SHINOMIYA係長が、TADA課長に小声で言っているのが聞こえる。

”またSAKURAが、ごちゃごちゃ言うんだろうさ。”

課長が、”う~ん”と暗い顔つきになる。

人口3000人のこんな田舎町から、全道の商工会頭になっている人物がいる。

この町の議員でもある。

<あのSAKURAのことか。>

役所は、議員に頭があがらないらしい。


Kは、朝昼、職員にお茶出しをする。

事務所とつづきの別室にいる教育長にもお茶を持っていく。

ONODERA MORIHIKOと名札を立ててある。

彼は鳴り物入りで、この町に来たらしい。

彼の前職は、道立図書館の副館長だったという。

<どうして、こんな肩書きの人がこの町に来たのだろう。>



Kがこの事務所に勤め始めて、一週間もたっていない。

ここの人たちは、どうやってJとコミュニケーションをしてきたのだろうと不思議に思う。

Jは、日本語が全く話せない。

事務所の人たちは、日本語を英語なまりのように言っている。

片言の英単語を繰り返して言うだけだ。

Jは、”Yes,Yes."とあいずちをうっている。

Kは、仕事で必要になってもいいように、レベルが落ちないよう英語の勉強も続けてきた。

Jの仕事がうまくいくように、通訳してあげることにした。

Kが給湯室で茶碗を洗っていると、SHINOMIYA係長が入ってきて、”次、きまってるの?”と言って出ていく。

<えっ! 6ヶ月じゃないの?>


事務所の入り口に人の気配がする。

YAMAZAKI町長が、”TAKAHASHI、お茶買ってきてくれ。”と言って1000円札を出している。

Kが”買ってきましょうか。”と言うと、”いや、TAKAHASHI、買ってきてくれ。”という。

TAKAHASHIさんが、椅子から飛びあがり、急いで入口へ行く。

公民館で会議をやることになっているが、来客のお茶出しは、いつもはKがやっている。

<何かやましいことでもあるのだろうか、事務所に入ってくることもできないし、お茶出しも頼めない?仕事と

して割り切ってやっているのに・・・>

このYAMAZAKI町長には、何かある。

町長選挙の真っ最中に、対抗馬を担いだ陣営から自殺者が出ている。

自殺したのは、担がれた対抗馬の親友。

対抗馬を担いだのは、この町の議員KIKUCHI兄弟。

<何か、妙だ。>



********************** つ づ く








































この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。